毎週更新!転職特集

転職ノウハウ特集

「人材紹介」と「求人サイト」、どちらを使えばいいの?

掲載日:

違いがわかりにくい「人材紹介」「求人サイト」どちらをメインで使うべき?

それぞれ特徴がわかれば転職もスムーズ!元・人材業界の担当がアドバイス

こんにちは、ピタジョブ事務局の渡辺です。

世の中にはさまざまな転職方法がありますが、よく使われる「人材紹介(転職エージェント)」と「転職サイト」のうち、どちらを使うとよいか、考え込んでしまったことはありませんか?

すでに取り上げた内容と重なる部分もありますが、今回は人材業界出身の私(渡辺)が、企業側の視点から、いろいろな切り口でそれぞれのメリットとデメリット、向き・不向きをご紹介していきます。

Point

  • 人材紹介・転職サイトが企業に利用される背景や理由がわかると、どちらをメインに使うべきか判断しやすい。転職の方向性が明確な人にオススメ!
  • 片方だけでなく両方を併用して、良いほうをメインに。スキル・経験に自信がなければ、まず人材紹介で自己PRを作るという手もアリ!

「人材紹介」の特徴はどんなところ?

求職者から見ると、初めての転職でも経歴の整理や自己PR作りを手助けしてもらえるのが、人材紹介サービスを使ううえでのメリットです。

その一方、企業にとっては、採用決定と入社の時点ではじめて人材紹介サービスに対する支払いが発生するため、リスクが低い採用手法と位置づけられるのがポイントです。

採用企業にとってのメリットはどこ?

紹介された人が入社すると、採用企業はその人の年収の一定割合(35%~)に相当する料金を人材紹介会社に支払います。1人採用するのに少なくとも100万円単位、採用するポジションによっては1000万円を超える費用がかかります。

その代わり、採用したい人物像やスキルに応じてコンサルタントが転職希望者を発掘し、企業情報についてのPRも行ってくれるのが大きなメリット。採用担当者は多大な手間をかけず、一定のスキルと自社への深い理解を持つ転職希望者にアプローチできる点は見逃せません。いわゆる「ヘッドハンティング」も、このタイプに分類されます。

人材紹介が活用される企業や求人条件とは

こんな場合が考えられます(一例のため、必ずしもこの限りではない場合もあります)。

活用される場面~こんな理由で活用される~

  • 外資系企業である
    海外では、人材紹介やヘッドハンティングが標準的なスタイルです。
  • 新規ビジネスや、重要なポジションである
    採用活動によって、競合企業や投資家などに今後のビジネスプランが察知されると好ましくない場合、エージェントに依頼して人材探しが行われます。
  • 緊急度が低く、厳選して採用したい
    いますぐ働いてほしいわけではないが、中長期的に大きく貢献できるいい人物を探すのも、人材紹介会社の役目です。
  • ニッチすぎるポジションの募集である
    専門性が高い/非常に限定された経験を持つ人材は、そのままでは競合企業の同じポジションから引き抜きを行うくらいしか採用の見通しが立たないため、人材紹介が活用されます。
  • 求人を出すと応募者が殺到しそうである
    潜在的な応募者が多数いると予想される場合は、最初のスクリーニング(ふるい分け)を兼ねて人材紹介が利用されることがあります。
  • BtoB事業などで知名度が低い企業である
    実は業界シェアNo.1という企業でも、認知度の低さゆえに求人サイトでなかなか応募が来ないことがあり、人材会社を経由して企業をアピールしてもらうパターンも。
  • 採用業務に大きな人員を割けない状況である
    採用業務を兼務で行う立ち上げ初期のベンチャーなど、選考に関する経験を人材紹介会社に借りる意味合いで利用されることもあります。
  • 採用数が非常に多い
    求人サイトや各種媒体を使っても応募者が不足しそうなとき、人材紹介も含めてありとあらゆる窓口が活用されます。

人材紹介をメインで使うならば

これで必ず選考に通る、内定を獲得できるというわけではありませんが、企業が人材紹介に期待することを考えると、選考を有利に進めやすくなります。以下のようなことを心がけるとよいでしょう。

  • 進みたい方向・やりたいことを明確にしてキャリアコンサルタントを味方にする
  • さほど志望度の高くない企業の選考は、正直にしっかり断る
  • 人材紹介会社の中でスクリーニング(ふるい分け)されている可能性を理解する
  • 面談に応じるコンサルタントに対しても、誠実に対応する

人材紹介サービスとは

人材紹介サービスの利用の流れ

人材紹介サービスのメリット・デメリット

「転職サイト」の特徴はどんなところ?

幅広い求人情報から応募企業を選べて、自分のペースで転職活動を組み立てていけるのが、求人サイトをメインで利用することのメリットです。

企業にとっては、多数の応募者からいい人を選べるのに加えて、短期集中の採用活動ができて、採用できれば費用を低く抑えられることが、この採用手法の利点といえるでしょう。

採用企業にとってのメリットはどこ?

プランによりますが「4週間程度の掲載で約20万円~200万円」というのが、採用企業が転職サイトの運営会社に支払う料金の目安です。これにスカウトやバナー掲載、インタビュー記事掲載などのオプションが用意されているのが標準的。短期間で大勢の求職者に対して求人の存在をアピールできるため、自社のブランディングも兼ねて利用することも可能です。

また、採用するのが1人でも2人以上でも料金は変わらないため、採用に至る応募者が多いほど、1人あたりの採用コストは下がるという点も大きなポイント。

しかし求人倍率が上がりつづける昨今は、掲載しても1人も応募がこないケースも珍しくなくなっています。採用担当者にすれば掲載料金が「掛け捨て」になってしまうリスクをはらんでいるうえに、複数サイトに同時掲載するのも費用面で難しいという問題があります。

転職サイトが活用される企業や求人条件とは

転職サイトを使って採用を行う企業の例を紹介します。

活用される場面~こんな理由で活用される~

  • 年間の採用人数が多い
    人材紹介ではコストが数億円に達することも。一定以上の人数を採用する場合には、求人媒体が主な応募者獲得の手段となるケースがほとんどです。
  • 知名度が高い企業である
    求人が掲載されるだけで複数名の採用が見込めるならば、求人サイトだけが使われることが多くなります。また転職サイトのブランディングとして、誰もが希望するような企業と提携した掲載が行われることもあります。
  • ポテンシャル採用または第二新卒が対象である
    未経験者など入社してから教育をしていく方針で採用を行う場合、転職サイトで十分に良い人物を採用できるため、人材紹介ではコスト高となるケースが多くなります。
  • 人物面を重視する企業である
    人物面が評価される場合、なるべく多くの応募者から選びたいという企業の意向が強くなります。そこで、一度にたくさんの応募者が見込める求人媒体が活用されます。
  • 緊急度の高い採用である
    掲載依頼から実際の掲載までの期間が短く、短期間にたくさんの人のもとに求人情報が届くので、費用が多少かかってでもすぐ採用したい場合、瞬発的な採用活動が行われます。
  • 社風への理解を求めている
    企業の魅力や働きがいなどを強調したいときには、デザインや文面にこだわった独自の企業紹介の作成を手伝ってもらえるのも転職サイトの利点です。求人票を渡されてはじめて企業を知る人材紹介の場合よりも、高いアピール力で転職サイトを選んでいる企業もあります。
  • 求人に対して十分な数の応募が見込める
    有名な大手企業の事務職など、必ず応募が見込めるポジションの場合、小さな枠で短期間の募集を行うだけで、十分な数の応募を獲得できるため、低コストの求人媒体が活用されます。

転職サイトをメインで使うならば

転職サイトを使うと自分のペースで幅広く転職活動を進められます。とはいえ人材紹介と違って、提出書類そのものがあなた自身となりますから、推敲や内容の吟味はしっかり取り組む必要もあります。逆に、あまり業界や職種を絞り込んでいないときには、転職サイトをフル活用して幅広く情報を集めるとよいでしょう。

  • 転職サイトは、複数のサイトを同時に活用する
  • 職務経歴書・履歴書はしっかり作る(簡潔・明確に、専門的な免許、スキルや経験がある場合はきちんとPRする)
  • 「ポテンシャル採用枠」で応募する際は「将来やりたいこと」「やる気」「素直さ」などをアピールする
  • 企業が転職サイトに求人を掲載する意図を想像して、応募動機や経験をアレンジする
  • 各種メールや企業からのスカウトをマメにチェックする

転職サイトのメリット

ピタジョブはどちらのタイプ?その答えは・・・。

「人材紹介」「求人サイト」はいずれも「応募者側のメリット」が紹介されることが多いもの。そこで今回は逆に、人材業界での経験をもとにして「利用する企業側のメリット」とそれに応じた対策を紹介してきました。

さまざまな方法がある中で、なぜ企業がその採用手法をとろうとしたかを考えると、対策法や気をつけるポイントが見つかるかもしれません。

ちなみにピタジョブは一見すると通常の転職サイトと同じに見えますが、掲載時に料金をいただく従来型のサービスとは大きく違っています。

ジャストシステム独自の技術で、日本中の企業サイトの求人ページから情報を集めて掲載するのがその特徴。幅広く比較検討して希望の企業に応募できる仕組みになっているだけでなく、独自のレコメンドエンジンであなたの経験や希望にピッタリな求人を推薦します。
人材紹介・求人媒体のいいとこ取りのサービスを目指していきます!

意外に便利!ピタジョブの「クリップ」&「まとめて求人比較」


あわせて読みたい

「人材紹介サービス」と「求人サイト」の違いとは?の記事を読む 「人材紹介サービス」と「求人サイト」の違いとは?の記事を読む

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ