毎週更新!転職特集

転職ノウハウ特集

第二新卒転職でうまくいく人いかない人

掲載日:

キャリアは少ないけど...第二位新卒転職ってうまくいくの?

第二新卒転職でうまくいく人いかない人

転職サイトなどを見ているとよく目にするのが「第二新卒歓迎」の文字。特にここ最近は増加傾向にあります。それは、新卒採用の競争激化や企業側の若手社員不足などの背景があります。若いうちの転職はあまり良いイメージがないというのはよく言われますが、きちんとした志望動機があれば、若手を欲しがっている企業には歓迎されるもの。今の職場に不満を感じている人は、一度自分のキャリアを考え直してみるきっかけにもなるかもしれません。今回は第二新卒の転職において気をつけるべきポイントについてご紹介します。

そもそも「第二新卒」って?

「第二新卒」ってどんな人のこと

「第二新卒」という言葉はよく使われますが、実は厳密な定義というものはありません。しかし、多くの企業や転職サイトは、以下のような意味合いで「第二新卒」という言葉を使います。

  • 入社後1〜3年の若手社員
  • 大学を卒業後1〜3年で、正社員の勤務経験のない人
  • キャリアはあまりないが、ビジネスマナーなどは会得している人

入社後1〜3年というのは、多くの新入社員が辞めてしまう可能性のある期間でもあります。学生の就職活動などでも入社3年後の定着率は、企業の一つのアピールポイントとして利用されています。逆に、その期間に定着せずに退職した若手社員は、即戦力としてのキャリアがないため、中途採用時には、「第二新卒」という枠でとらえられることが多くあります。

また、大学を卒業後にアルバイトや派遣社員として働く人もいます。もしくは、特にどこか就労していないといったケースもあるでしょう。第二新卒には、そのような正社員としての就労経験がない人も含まれる場合があります。ただし全てに当てはまるわけではありません。実務経験などが必要とされるかどうかは募集要項できちんと確認しておくことをおすすめします。
大手企業などは新卒で採用する人数も多いため、その分3年以内の退職者が増えてしまうというリスクも抱えています。即戦力となるキャリアももちろん武器ではありますが、企業側には長年働いていく若手社員を教育していきたいという考えがあるのも事実です。「第二新卒歓迎」と銘打って募集する場合、このような若手社員不足のケースが多くあります。

即戦力ではない「第二新卒」。では何が武器となる?

「志望動機」を武器にアピールしよう!!

多くの中途採用では、それまでの実績や就労経験、キャリアなど、即戦力となる部分が重視されます。中途採用に応募する人は、いかに自分がその会社にとって即戦力となるかという点をアピールすることが必要です。
では、そのようなキャリアをもたない第二新卒の場合、どのようなポイントが就職活動で武器となってくるのでしょうか。それは「志望動機」です。これは学生時の就職活動でも大切だと言われています。しかし、第二新卒の場合は、以下のような理由から、その志望動機がより重要視されてくるのです。

〈理由1〉今後の自分のキャリアを考えているかどうかがわかる

その会社を志望する動機は、その企業の事業内容やポリシーに共感したうえのものであることが大切です。もしくは、その企業の抱えている課題を解決していきたいという姿勢でもいいかもしれません。その場合、「どのような仕事をしていきたいか」という志を明確につかむことができるのが志望動機です。志望動機が適当で中身のないものであれば、応募者の仕事やキャリアに対するこだわりというものが見てとることができません。

〈理由2〉プラスの動機で転職をしているかどうかがわかる

第二新卒で転職を考えるというのは、入社前に感じていた印象とのギャップがきっかけになることがほとんどです。さらなるキャリアアップというよりは、方向性の調整や転換という意味合いでとらえられるといっていいでしょう。その場合、例えば「人間関係が嫌で辞めました」という理由だけで転職活動をするとどうなるでしょうか。たとえ「貴社の和気あいあいとした雰囲気に惹かれ……」と伝えても、面接官は「どうせギャップがあったらまた転職してしまうんだろう」と思ってしまうかもしれません。志望動機は「自分がどのような仕事をしたいか」という絶対的で前向きな理由である必要があります。そのような姿勢が志望動機から伝われば、若いうちの転職も決してマイナスにはなりません。

〈理由3〉またすぐに辞めてしまうのではないかという不安要素の解消

第二新卒で転職をする場合、少なからず「またすぐに辞めてしまうのではないか」と思われてしまうものです。これはある程度は仕方がないことで、そう思われないようにすることはできません。しかし、逆に志望動機の時点で自分の考えをしっかりともっているということをアピールできれば、面接官の考える不安は軽減されます。

第二新卒、どのような理由で転職する人が多い?

「第二新卒者」に多い転職理由はコレ?

「入社後1〜3年で転職してしまう人は、どのような理由で辞めてしまうのでしょうか。まず、それは入社前に感じていた印象とのギャップが挙げられます。ギャップは大きく分けて「人間関係」「仕事内容」「職場環境」の3点に分けられます。

〈人間関係〉

  • 社内いじめがある
  • 社内で派閥がある
  • 上司からのセクハラやモラハラがひどい
  • 飲み会が多い

〈仕事内容〉

  • 営業ノルマがありきつい
  • その事業とはまるで関係のない事務仕事ばかり任される
  • 上からの命令ばかりで自分の考えを伝える機会がない

〈職場環境〉

  • 思っていたよりも残業時間が多かった
  • 残業代が出るといっていたが、実際はサービス残業を強いられる
  • 有給がとりにくい
  • 福利厚生が整っていない

実際入社してみないと、職場の実態はわからないもの。このような不満が発生してしまうのはある意味仕方がないことでもあります。大切なことは、なぜ不満を感じているのかという点です。事業内容に惹かれて入社したのに全然関係のない仕事を任される、という点が不満なのであれば、自分がしたかった仕事を志望動機にして転職活動を行いましょう。ただ不満から逃れるのではなく、その不満を感じている理由を積極的な志望動機に変換することが、第二新卒転職の大切なポイントです。

第二新卒でうまくいく人・いかない人

第二新卒転職でうまくいく人いかない人。

では最後に、第二新卒でうまくいく人といかない人を、実際の例で確認してみましょう。「こういう人でなければいけない」という絶対的な法則はありませんが、第二新卒での転職が成功している人としていない人は、それぞれに共通点があります。参考にしてみてくださいね。

第二新卒でうまくいったA さん(編集者)の場合


Aさんは、もともと教育系の出版社の営業をしていました。
就職活動時は、自分が好きだった本に携わりたいと思い、出版社と書店を中心に面接を受け、内定をもらった教育系の出版社に入社。
しかし、営業で採用されたため、普段は学校の挨拶まわりをするなど、本に携わる仕事ではあるものの満足いかない部分がありました。
日々の営業まわりをしながら、自社の書籍に対する要望を聞いていくうちに、「自分だったらこのような企画編集を行うのに」という不満が現れます。結果として、さらに大手の教育系の出版社に編集者として転職をします。
営業をしていくうちに、自分のキャリアややりたいことについて考え、それが一番実現可能な職場へと転職しました。扱う仕事の規模も大きくなり、普段の残業時間などは以前よりも増えてしまいましたが、それでも「自分のしたい仕事ができている」という充足感が上回り、Aさんは仕事に没頭しています。

Aさんは、学生時の就職活動では「本に携わる仕事がしたい」というぼんやりとした志望動機でしたが、実際に仕事をしていく中で、「自分は本に対してどのような働きをしたいのか」という部分を真剣に考えるようになりました。結果的に、それは営業ではなく編集であったことがわかり、前よりも仕事量は増えましたが、自分のしたい仕事をできているという誇りがあり、日々仕事のやりがいを感じることができています。

第二新卒でうまくいかなかったBさん(事務職)の場合


Bさんは、もともと保険会社の営業をしていました。
就職活動時には特にやりたい仕事というのもなく、募集人数が多いところなどを中心に面接を受け、内定をもらった会社に入社。
その後、仕事を始めるにつれて営業ノルマになかなか到達しないことや、残業が多いことに嫌気がさして転職を決意します。
転職先は商社の事務です。営業ノルマと無縁のところに行きたいと感じたBさんは、事務職へと転向しました。しかし、そこで待っていたのは連日の残業。Bさんは営業ノルマの地獄からは逃れられましたが、もう一つの悩みであった残業には苦しめられてしまいます。せっかく転職したのに、なんだか満足がいかなくて、Bさんは転職後も「もっといい会社はないだろうか」と転職サイトを眺める日々を過ごしています。

Bさんが第二新卒の転職活動でうまくいかなかった理由、それは「自分のキャリアをきちんと考えられていなかった」ということです。
全く何も不満な点がない職場というのはありません。どんなに良い会社でも、多かれ少なかれ嫌な部分というのはあるものです。大切なのは、そのような不満点があったとしても「それでもここで働きたいと思えるかどうか」です。Bさんは営業ノルマと残業続きの日々に不満を感じ転職活動を行いましたが、肝心の「自分がどのような仕事をしていきたいか」という今後のキャリアを考えていませんでした。
ただ嫌なことから逃れたいだけでは、どの職場に行っても同じことが繰り返されてしまうでしょう。まずは、「自分にとっての最大優先事項」を決めて、その上でキャリアを考えるところから始めましょう。「〜をしたくない」という後ろ向きの理由しかない場合は注意が必要です。

第二新卒の転職で心がけておくべきことは

ズバリ!第二新卒の転職をを成功させるには?

第二新卒転職でうまくいく人いかない人をわけるポイントとしては

ズバリ!!

  • 「自分のやりたい仕事は何か」をきちんと理解して言葉にできているか
  • 「なぜ今その職場に不満を感じているのか」という部分をつきつめて考えられているか

があるかと思います。

第二新卒では、まだ若手社員ということでキャリアや即戦力という部分は重視されません。 しかし、それは新卒や中途採用者以上に「志望動機」に重きがおかれるということでもあります。志望動機は、「自分のやりたい仕事は何か」をきちんと理解して言葉にしなければなりません。第二新卒で転職を考えている場合は、まず「なぜ今その職場に不満を感じているのか」という部分をつきつめて考え、今後のキャリアを真剣に考えることが成功の鍵となるでしょう。

ピタジョブでは、第二新卒歓迎の求人も多くご用意しています。この機会に、ピタジョブで「やりたい仕事」のできる転職先を探してみませんか?



あわせて読みたい

キャリアチェンジしてみたいけど...未経験でも大丈夫??の記事を読む キャリアチェンジしてみたいけど...未経験でも大丈夫??の記事を読む

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ