毎週更新!転職特集

転職ノウハウ特集

失敗しない企業選びの「ポイント」と「軸の考え方」

掲載日:

転職に成功する企業選びのポイントとは?

失敗しない企業選びの「ポイント」と「軸の考え方」

何度も転職を繰り返していれば、「この人は我慢ができない人なんだ」というイメージが付いてしまう可能性があります。しかも、転職というのは、思った以上に労力を使いますし、ましてや働きながらの活動にはいろんな制限も出てくるはずです。

リスクを伴うことをするわけですから、失敗は避けたいところ。ここでは、転職においての企業選びで、押さえなければいけないポイントに加え、どのような考え方を軸にしていくのがいいのかを解説していきたいと思います。

会社を見る前に自分のスタンスと転職に求めるものを考えよう

まずは自分の理想をイメージしよう!

今まで働いていた会社よりも働きやすい会社というのが、転職において重視されると思います。 働きやすい、理想の環境というのは、自分にとってどういうものなのか。それは人それぞれで違った考えになるはずです。転職という選択をする場合、自分の理想を明確にしておくというのが大切になるわけです。つまり、自分の軸となるものが必要になります。

  • 今の会社よりも給料がアップする会社
  • 世間的な知名度がある会社
  • 福利厚生がしっかりしている会社
  • 設備が充実している会社
  • 仕事にやりがいを感じる会社

例に挙げたもの以外でも、いろんな理想が出てくるはずです。ここで注意しなければいけないのが、これらの理想はあくまでも軸となる考え方の入り口だということ。こればかりを目指していくと、失敗につながる可能性が高くなるわけです。入り口となる理想が決まった段階で、そこから細かい条件を深く掘り下げていくことが、転職には必要となります。

先ほども言いましたが、転職の回数が増えるほど、世間の印象は悪くなるばかり。まして、面接官がそれをよしとすることはまずないと思っていいでしょう。ビジョンを明確にするには、自分の理想を組み立てるということが大きな要素となっていくわけです。

きっかけから掘り下げる理想の転職像

きっかけから見える優先すべきこと

理想を掘り下げていき、ビジョンを明確にするにはどのようなことをすればいいのか。まずは、なぜ転職をしようと思ったかのきっかけを考えるようにしましょう。給与面をはじめとして待遇面への不満なのか、ステップアップを考えるなら、その引き金になった仕事は何なのかなどです。

きっかけがわかれば、おのずと、次に進もうとしている会社がどこになるのかが決まってくるはずです。ここで、同じ業界へ進むのか、これまでとは異なる業種へ進むのかといったことも、この時点で明確になると思われます。

そこから転職先ではどのような仕事をしたいのかを考えていくと、自分が転職において、何を求めているのかがわかるはずです。
これをやらないで転職活動を始めてしまうと、会社選びで困ったり、面接でいろいろとツッコまれてしまい、次の職場が見つからないということにもつながってしまいます。

自分の理想を実現させるために、何が必要となるのかを、この時点で明確にしていけば、面接はもちろんのこと、企業選びという点においても、失敗は少なくなるのではないでしょうか。

軸に合わせた企業選び 目先の条件だけに惑わされるな!

転職先は何が良くなる・悪くなる?

自分の理想が見えてきたら、さまざまな求人をチェックして、応募する会社をしぼっていきます。企業選びの主なポイントは

  • 業種、業務内容
  • 雇用形態
  • 給与、勤務時間などを踏まえた待遇面
  • 勤務エリア
  • 社風や経営ビジョン

となります。

この中で特に重要なものから3つあげて紹介していきましょう。

業種、業務内容

まず真っ先にチェックするのは、企業の業種・業務内容になるのではないでしょうか。同じ業種に転職を考えている場合でも、会社によって取り組みに違いも出てきますから、しっかりとチェックしておくべきでしょう。これまでとは違う業種や職種に転職を考えるのなら、自分がやりたいことと本当にマッチしているのかをきっちりとチェックしていく必要があると思います。この企業分析は社風や経営ビジョンという点にもつながってくることですので、企業選びにおいて大きな比重をかけていいポイントになるのではないでしょうか。

雇用形態

次に気になるのが、雇用形態や給与などの待遇面でしょう。自分がやりたいことを目指すことで、正社員ではない雇用形態になってしまう場合もあります。やりたいことを重視するのか、正社員として地盤を固め、やりたいことをやるまで時間をかけていいのかという選択も出てくるわけです。

ここ数年、正規雇用労働者の割合がゆるやかに減少しているのに対し、非正規雇用労働者の割合が徐々に増えているという現象が見られます。厚生労働省の調べでは、平成26年度の推移を見ると、正規雇用者は3,278万人で前年から16万人減、非正規雇用者は1,962万人で56万人増となっています。働き方の多様化もあり、この流れはしばらく続くことが考えられます。ただ、非正規雇用者を条件によってのちに正社員にすることはありますので、そういう点も踏まえて考えるのがいいのではないでしょうか。

給与、勤務時間などを踏まえた待遇面

一番気になるのが、給与面。他の業種に挑戦するという場合なら、未経験ということもあり、給与が減るというリスクは受け入れられると思います。ただし、同じ業種への転職で、待遇面を改善したいという人は、この条件を重視する傾向にあるかと思います。ここで注意してほしいのが、目先の条件にとらわれないということ。給与がアップしたのはいいが、勤務時間が増えて休みがなくなるなど、マイナス面が発生してしまうこともあります。

転職活動をしているとどうしても、これまでの不満だけを解消したいと考えがちです。ですが、これまでのいい面がキープされるかもチェックしなければ、本当の改善にはつながらないというわけです。そこは注意したい点となるでしょう。

失敗パターンから学ぶ企業選び 100%を求めない

どの程度のデメリットなら克服できるのか

近年では、大企業が経営破綻するニュースなども多く見受けられるため、どの企業が安泰なのかというのはわかりにくい世の中になっていると思われます。

そのため、企業名だけで選んだり、規模の大きさだけで選んだりすると、転職が失敗してしまうというケースに見舞われることもあります。企業名や規模ばかりに目を向けてしまうと、働く場所が変わっただけで、他には何も変わらないということにもなりかねません。
上記で述べていたような、働く環境にもしっかりと目を向けた企業選びを心がけましょう。

また、やりがいを求めて転職し、仕事面では充実しているかもしれませんが、過重労働を強いられ、体調を壊してしまったという人もいます。メリット、デメリットが生まれてくるのは仕方がないことですが、結果として失敗に終わってしまったということになるのは避けたいところです。

転職先を選ぶ場合、デメリットになりうるポイントが、今後の自分にどのような影響をもたらすのかを精査していく必要があるということです。社会生活を送れば、どうしてもストレスを感じてしまう場面に出くわします。それをいかに克服するか、どれくらいのストレスなら克服できるのかを把握しておく必要があると思います。

会社にすべてを望まないのが成功への近道

ズバリ!!転職に成功するポイントは

転職において最も重要となるのが、自分のレベルや価値観と、会社の採用基準がどれだけマッチしているかです。自分が望むことばかりを会社に求めてもうまくはいきません。
また会社の採用基準に合わせようとしても、転職後にさまざまな不満が出てきてしまい、再び転職活動を余儀なくされるということも起こりえます。

しかしバランスの取れた会社が見つかったとしても、景気の影響で会社の経営が悪化するという不測の事態に陥ることも考えられます。それが原因で人材不足になり、労働時間が増えてしまったり、給与がカットされたりということが起きることもあるのです。転職した時点で予測しておくというのは難しいですが、こういうこともあるのだということは頭の片隅に入れておいたほうがいいかもしれません。

ただし、転職先で自分のスキルをアップさせていれば、また転職を余儀なくされるとしても、評価される可能性は非常に高いといえるでしょう。


失敗しない企業選びに必要な考え方として

ズバリ!!

  • 転職に求める理想の職場や企業について、何を優先するのかを明らかにしておく
  • 企業名や事業規模にとらわれず、どのような環境で働きたいかを軸に考える
  • 会社にすべてを求めず、自分のスキルをよりレベルアップさせる場として臨む

ということでしょうか。

自分にとって働きやすい会社とはどういう場所なのか。それを見つけるのもいいですが、そこで何をするかという目標を明確にしておくというのも、転職において重要なのです。働く場所は会社ですが、そこで自分が何をするか、会社に守ってもらうというのではなく、会社の中で自分は何ができるのか、何をしていくのがベストなのか、そういう意識を持っていれば、万が一、予測のできないことに遭遇してしまっても、慌てることにはならないでしょう。

会社に何かを求めるのではなく、組織の中で自分を高めていく気持ちを忘れない。これが転職の際に企業選びを失敗しない大きな要因になると思います。

ピタジョブでは、「気になるあの企業、今の会社と比べてどこが優れてて、どこが劣ってるの?」といった、転職前と後の比較がかんたんに行える機能をご用意しています。この機会に、自分の理想を実現できる転職先を探してみませんか?



あわせて読みたい

希望条件が絞れない...どれを優先すべきなの?の記事を読む 希望条件が絞れない...どれを優先すべきなの?の記事を読む

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ