毎週更新!転職特集

ピックアップ

時代に応じて変化を続ける「サービス業」[前編]

掲載日:

業種・職種紹介:国内のGDPの役70%!「サービス業」の特徴

日本経済の大きなウエイトを占める「サービス業」

今回は、「サービス業サービス産業」について解説します。対象となる顧客は、個人の一般消費者と、事業所の2つに大別できます。

経済産業省によると、サービス業国内GDPの約70%と、日本経済において大きなウエイトを占めています。そして、従業員数は労働人口の約75%を占めています。数多くの人がサービス業にたずさわっているのです。また中小企業の数も多く、中小企業の約80%がサービス業です。

「サービス業」にはどんな事業がある?

これだけ多くの事業者、従業員がいるサービス業なので、分類される業種も多種多様です。サービス業はいわゆる第三次産業のことですが、次のような事業も含まれます。


対事業所サービス業

  • ソフトウェア業
  • 情報処理・提供サービス業
  • インターネット附随サービス業
  • 映像情報制作・配給業
  • 音声情報制作業
  • 新聞業
  • 産業用機械器具賃貸業
  • 事務用機械器具賃貸業
  • 自動車賃貸業
  • デザイン業
  • 広告業

対個人サービス業

  • スポーツ・娯楽用品賃貸業
  • 冠婚葬祭業
  • 映画館
  • 興行場、興行団
  • スポーツ施設提供業
  • 公園、遊園地・テーマパーク
  • 学習塾

さて、こうした事業への転職を考えたとき、気になるのは成長している業種、そして各業種の売上げ状況や雇用の実態です。それでは、次のページで実際に統計データを元にサービス業の動向をみていきましょう!

サービス業の新着求人もチェック!



あわせて読みたい

ワークライフバランスと残業の実態の記事を読む ワークライフバランスと残業の実態の記事を読む

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ