毎週更新!転職特集

転職ノウハウ特集

教えて!みんなの転職活動期間

掲載日:

転職アンケート 知りたい。転職って何ヶ月かかるの?

転職活動にかかる期間はどれくらい?

転職活動にはどれくらい期間がかかるのでしょうか? 初めての場合、なかなか見通しをたてるのが難しいものです。そこで、転職経験者を対象に転職活動期間の実態を調査してみました。

調査データ


調査名 転職経験に関するアンケート / 調査方法 インターネットリサーチ / 対象 全国の25歳~50歳の男女給与所得者 / 実施日 2015年8月26日 / 回答者数 449人


内定が出るまでの期間はどれぐらい?

「転職活動を開始してから内定が出るまでの期間は?」という問いには、「1ヶ月〜3ヶ月未満」がボリュームゾーンで37.2%、「1ヶ月未満」のスピード転職も29.6%と3割近くにのぼりました。合計すると、全体の66.8%が3ヶ月未満と、意外にスピーディに内定を獲得していることがわかります。その一方で、「半年以上」が8.7%、「1年以上」かかった人も8.9%いました。

何社ぐらい応募したの?

では、実際に内定獲得までに何社くらい応募したのでしょうか? 一番多かったのが「2社〜5社」の49.6%、次いで「1社」とピンポイント転職に成功した人が29.9%と3割も。これを合わせると、なんと8割近くの転職者が5社以内で内定を獲得したという結果になりました。新卒採用に比べ、スキルや希望がより明確な経験者採用では、一般的に転職スピードは速いようです。

どうやって転職先を探した?

「転職先へはどのような方法で応募/紹介されたか?」という問いでは、1位は「求人情報サイト」の42.5%。多忙な社会人には、インターネットで空き時間に気軽に検索し応募できるメリットは大きいもの。

次いで「人材紹介会社」が19.6%。そのなかで「紹介された企業数」を調べてみると、「1社」だけで内定獲得した人が41.4%も。経験豊富なプロがマッチングを行なうため、効率よく内定を獲得できるといえそうです。

友人、知人の紹介」の12.5%も意外に見過ごせません。紹介者を通じてお互いをよく知ることができるため、マッチングの安心度が高いのは納得。転職を意識したら、そのことを友人に伝えておくのもひとつの方法です。

また、「その他」では「ハローワーク」という回答が目立ちました。ハローワークは熟年向けのイメージもありますが、実際には若い世代の求人も多数あり、面接セミナーなど求職者のサポートや技術習得の「職業訓練学校」の斡旋も行っています。

超シンプル転職サイト「ピタジョブ」で求人を探す!

転職ビギナー必見!人材紹介会社とは?

転職活動を長引かせないためには

転職期間が長引くと、精神的にも焦りが生じてくるものです。スムーズに内定を獲得するためには、志望業界や職種の求人状況や難易度のチェック、業界の友人に話を聞くなど、事前の情報収集は早めに始めておくべきでしょう。

同時に、これまでの経験やスキルや適性が希望する業界・職種に合っているか、また自分がこれからどんなキャリアを築いていきたいか、しっかりと自己分析しておくと迷わず的確な判断ができるでしょう。

始めにやるべき、キャリアの棚卸しって?

転職に有利な時期は?

一般的には上期、下期を迎える4月、10月を見込んで採用を検討する企業が多いため、その前の1月〜3月、7月〜9月転職市場が活発化する傾向にあります。この時期にねらいを定めて準備を進めていくのもポイントのひとつです。

また、在職中の場合、現職の繁忙期を避け、引き継ぎにかかる時間なども考えたうえで円満退社のタイミングをねらうのがベター。せっかく内定をもらったのに、なかなか転職できない……とならないよう、計画的に活動を進めたいものです。

まずは転職活動の足がかりとして、いまどんな求人がでてきているのかをピタジョブでチェックしてみましょう!運命の求人に出会える日は今日かもしれません。



あわせて読みたい

応募から内定、入社までの平均期間は○ヶ月?!の記事を読む 応募から内定、入社までの平均期間は○ヶ月?!の記事を読む

この記事はお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました!

この記事をシェアしてみませんか?

お役立ちコンテンツ

ページトップ